県は31日、県総合政策部デジタル戦略室に勤務する宇都宮市在住の50代男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同市が同日、発表した県内4638例目の感染者。県によると、不特定多数の県民と接触する業務ではない。

 17日から37度前後の微熱があり、半日休を取るなどしながら26日まで勤務。同日夜に熱が39度台に上がり、29日に医療機関を受診し31日に陽性が判明した。職場に濃厚接触者はいないが、接触のあった職員43人を検査したところ全員陰性だった。