自家製パンとルバーブのジャムを味わう参加者

小麦を刈り取る参加者

自家製パンとルバーブのジャムを味わう参加者
小麦を刈り取る参加者

 【益子】町内外の消費者や生産者が協同する組織「益子体験農業MAC」などは今月、消費者に町内産の小麦を栽培したり、その味わい知ってもらったりするイベント「益子小麦物語」を始めた。小麦は町内に長く根付いていた流れがあり「一つのソウルフード」との位置付けもある。秋以降にも活動を予定し、益子の風土に触れてもらう機会とする。

 MACは消費者や地域の人らを巻き込み、農薬を使わない安全安心の農産物作りなどに取り組む。