ARで再現された清水門

 【宇都宮】市は31日までに、宇都宮城の姿を仮想空間(VR)や仮想現実空間(AR)技術で復元する映像コンテンツを制作した。スマートフォンアプリで視聴することができる。3日には宇都宮城址(じょうし)公園清明館にVRゴーグル10台を配備し、歴史を紹介するツールとして活用する。

 宇都宮城は平安時代後期に築かれたといわれている。江戸時代には徳川将軍家が日光社参の際に宿泊所として利用し、周辺地域は城下町として栄えた。戊辰戦争で建物の大半が焼失したが、1989年から発掘調査が行われ、2007年に土塁や堀、櫓(やぐら)など一部が復元された。