大谷地区の立地誘導エリア

 【宇都宮】大谷地区の景観を保全し、観光拠点としての魅力創出を図るため、市はこのほど、同地区の主な道路沿いの建物や看板などに色合いや素材などの一定のルールを設ける景観づくりの手引をまとめた。色合いは大谷石の温かみを引き立てるため、彩やかさや明るさを抑えた落ち着いた色彩を基調とすることなどを推奨している。市は7月から手引の運用を始める。

 市は大谷地区について、魅力的な町並みを作り出すため、建造物などに基準を設ける「景観形成重点地区」への2019年度内の指定に向け検討している。