中学男子を制した土屋=GCゴールデンウッド

中学女子を制した大原=GCゴールデンウッド

中学男子を制した土屋=GCゴールデンウッド 中学女子を制した大原=GCゴールデンウッド

 第13回とちぎ「あした天気になあれ」ジュニアゴルフ競技大会(下野新聞社主催、県ゴルフ連盟、県ゴルフ場協議会共催、大田原市特別協賛)は30日、大田原市北野上のGCゴールデンウッド(パー72)で行われ、中学男子(6238ヤード)は土屋(つちや)ヒューイ(三島)、同女子(5613ヤード)は大原寧々(おおはらねね)(国本)がそれぞれ優勝した。

Web写真館に別カットの写真

 新型コロナウイルスの影響で昨年は中止となり、2年ぶりの開催。快晴、微風の好コンディションの中、小中学4部門に77選手が参加し、熱戦を展開した。

 中学男子は大熱戦。安孫子大祐(あびこだいすけ)(清原)が最終9番パー4(323ヤード)で1オンに成功し、10メートルのイーグルパットを沈めて土屋とイーブンパー72で並びプレーオフへ。10番パー4でのプレーオフ1ホール目に土屋がピッチングウエッジで30センチにつけてバーディーを奪い、熱戦に終止符を打った。

 同女子は28日開催の小山ジュニアカップで初代女王に就いた大原が2バーディー4ボギー1ダブルボギーの4オーバー76で逆転勝利を飾った。