【小山】定例市議会一般質問最終日の8日、3人が質問した。市執行部は、今秋から独居高齢者宅の防火点検を実施するなどと答弁した。

 市消防本部によると、独居高齢者宅の火災は同本部管内では過去10年間で20件発生、うち全焼火災が9件、死者は3人。出火原因はコンロや電気製品の使用方法の誤り、管理不十分が多かった。昨秋は独居高齢者宅590戸を訪問し、チェック表を活用した聞き取りによる防火診断を行った。