ゴール地点へ向かう福地さん(佐野市提供)

 東京五輪の聖火リレーが28日、県南4市を走った。佐野市では、地元の女性消防団で活躍する福地佐江子(ふくちさえこ)さんが沿道の観衆に笑顔を振りまきゴールした。

◆栃木県聖火リレー第1日の写真

 聖火リレーの佐野市内ゴール地点となった大橋町の市郷土博物館駐車場。最終ランナーの福地さん(船津川町)が手を振りながら姿を現すと、市民の温かい拍手に包まれた。ミニセレブレーション会場には岡部正英(おかべまさひで)市長と佐野ブランドキャラクター「さのまる」も駆け付け、祝福した。

 「日本」を意識してかんざしや折り鶴のピアスなどを身に着けた福地さんは、日本舞踊の師範でもある。「トーチを受け取る際、もっと日本舞踊らしいポーズを取りたかったけれど、持つ手が決められていて難しかった」と振り返り、「楽しく走らせてもらった」と充実の表情を浮かべた。