重量挙げ男子102キロ級を制した小藤(中央)=金沢市総合体育館

 全国高校選抜スポーツは28日、金沢市総合体育館ほかで各競技が行われ、重量挙げ男子102キロ級で小藤快勢(こふじかいせい)(小山1年)がトータル271キロで優勝した。トータルとジャーク157キロは大会新記録で、県高校記録も更新した。

 同102キロ超級は塚田直人(つかだなおと)(小山南1年)がトータル275キロで準優勝。トータルとジャーク155キロは県高校新記録。女子71キロ級の千野虹(ちのなな)(栃木翔南1年)もトータル140キロで4位入賞した。

 剣道女子団体の小山は準決勝で筑紫台(福岡)に0-3で敗れて3位。体操男子個人の谷田雅治(たにだまさはる)(作新学院1年)は種目別平行棒で2位となるなどし、総合でも3位に入った。バドミントン女子シングルスの舛木(ますき)さくら(同2年)は準々決勝で敗れた。