自衛隊も初参加 鹿沼市が土砂災害を想定の避難訓練

 【鹿沼】市防災訓練が4日、鹿沼商工高体育館など市内各所で行われた。花岡町自主防災会や市、鹿沼署、市消防団の関係者らが参加。住民約160人の避難訓練や災害対策本部の設置、市内2カ所での市道冠水の対応訓練などを行った。

 同日午前9時、市内に大雨洪水警報が発令され、花岡町地内2カ所で土砂災害が発生したと想定。市内に土砂災害警戒情報、花岡町に避難勧告がそれぞれ発令され、同所の近隣住民が避難所が開設された同校体育館に避難した。

 また陸上自衛隊が市内の防災訓練に初参加。第12特科隊第2中隊の8人が婦人防火クラブと豚汁の炊き出しを行ったり、高齢の避難困難者3人を搬送したりした。