一斉に風船を放つ園児たち

 【宇都宮】下河原1丁目の不動前保育園で24日、「感謝のバルーンリリース」が行われ、園児たちが青空に風船を飛ばした。新型コロナウイルス禍で謝恩会が中止になったことから、園への感謝の気持ちを伝えるために卒園児の保護者会「さくら会」が企画した。

 卒園式終了後、卒園児19人と保護者、園関係者、在園児らが園庭に集合。全員で「5、4、3、2、1、0」とカウントダウンし、環境に負荷をかけない風船を一斉に空に放った。

 中島楓夏(なかじまふうか)ちゃん(6)は「風船がとてもきれいだった。飛ばせて楽しかった」と喜んでいた。