県県民生活部が1日までに発表した毎月人口推計によると、5月1日現在の県人口は前月比231人減の196万2202人で、7カ月連続で減少した。世帯数は2169世帯増え77万6846世帯となった。

 出生(1039人)から死亡(1728人)を差し引いた自然動態は689人減で、91カ月連続で減少。転入(9276人)から転出(8818人)を差し引いた社会動態は458人増で2カ月ぶりに増加した。

 市町別では足利市や鹿沼市など18市町で減少。宇都宮市が358人増加するなど、7市町は増加した。世帯数は22市町で増えた。