試食会を開いた子ども食堂班のスタッフ

 【鹿沼】南押原友遊館で26日、「ゆうゆう食堂」と名付けた子ども食堂の試食会が開かれた。新型コロナウイルス感染症の影響で4月の正式オープンは先延ばしとなるが、料理を担当したスタッフは「安全安心な料理を提供したい」と話す。

 友遊館事業は、地域住民の自主的な地域づくりなどを支援する市の「地域の夢実現事業」の第1号。旧南押原児童館を改修し2018年1月にオープンし、これまでに子どもサロン、高齢者サロン、カフェなど15班で活動している。