とちぎ花センターで、5年ぶりに開花した「トビカズラ」

 【栃木】岩舟町下津原のとちぎ花センターで、開花すると国家的な事変が起こるなどとの言い伝えがある「トビカズラ」が5年ぶりに開花した。濃い紫色の丸い形の花が20個ほど集まりブドウの房のように見える植物で、4月上旬ごろまで咲く見通しという。

 センターによると、前世は観音様だったとの言い伝えもあるほか、伝説の霊華「優曇華(うどんげ)」とも呼ばれている。センターでは7、8年前から栽培し、咲いたのは1、2回。今月22日、開花に気付いた温室担当の永島安紀(ながしまあき)さんは「驚きと、少し不安も感じた」と振り返る。

 国内では熊本県山鹿市など一部で自生が確認されているトビカズラ。同市担当者は「昔はめったに咲かなかったが、最近は毎年のように咲いている」と、環境の変化が背景にあるとみる。永島さんは「なぜ5年ぶりになったのかは分からない」と首をかしげる一方「珍しいこと。いいことがあるかも」と笑顔を見せた。