写真1

写真2

写真1 写真2

 サッカーは子どもにも人気のスポーツですが、ボールを扱うのが苦手な子もいると思います。最終回の今回はボールを蹴る動作を上達させる練習法を紹介します。

 正確にボールを蹴るためには、足の内側(インサイド)でボールの中心で蹴ることが基本です=写真1。足の内側を使うことでボールが当たる面が広くなるのでボールを蹴る、止める動作がやりやすくなります。またボールの芯を捉えやすくなり、ボールを遠くまで強く飛ばすことができます。芯に当たっていればボールは回転しないので、確認してみましょう。

 つま先ではボールとの接地面が小さくなり、正確にボールを蹴るのが難しくなります。相手にパスする、シュートするといった場面では、足の内側で蹴るようにしましょう。

 軸足を置く位置にもポイントがあります。ボールの横に軸足を着いた時に膝を少し曲げることと、つま先を蹴りたい方向にまっすぐ向けることで、より正確にボールを蹴ることができます。ボールを捉える面と軸足を置く位置に意識して、ボールを蹴る練習を繰り返すことが上達への近道です。

 足の内側を使うインサイドキックはボールを扱いやすい反面、高く浮くような球を蹴ることは難しいとされています。ボールの下側を狙って足の甲(インステップ)で蹴ると高く浮くボールになります。また足の外側(アウトサイド)=写真2=でボールを運ぶとドリブルがしやすくなるので、少しずつステップアップしていきましょう。

 (尾方裕貴(おがたひろたか)・セントラルフィットネスクラブ宇都宮インストラクター)