庫やの傘下に入ったトアヴァルトの「グリンデルベルグ宇都宮済生会北店」=25日午前、宇都宮市

契約を交わし握手する冨田社長(左)と門林社長=15日、東京都千代田区(庫や提供)

庫やの傘下に入ったトアヴァルトの「グリンデルベルグ宇都宮済生会北店」=25日午前、宇都宮市 契約を交わし握手する冨田社長(左)と門林社長=15日、東京都千代田区(庫や提供)

 「御用邸チーズケーキ」などを製造販売する庫(くら)や(那須塩原市下田野、冨田智夫(とみたともお)社長)は25日、洋菓子店「グリンデルベルグ」運営のトアヴァルト(宇都宮市立伏町、門林秀昭(かどばやしひであき)社長)の全株式を取得し、完全子会社化した。観光土産以外の洋菓子分野を強化したい庫や側と、事業承継で後継者を探していたトアヴァルト側の思惑が一致した。庫やはトアヴァルトの製造部門を活用するなどして、都市部での自家需要に応える新たなチーズガーデン店舗や商品を展開していく考えだ。

 トアヴァルトは、都内の洋菓子店「自由が丘風月堂」の3代目だった門林社長が1995年に独立し、宇都宮市立伏町にグリンデルベルグ本店を開いた。カナダでの修業経験を生かした洋菓子を提供している。現在は本店をセントラル工場とし、宇都宮済生会北店(宇都宮市)、自治医大店(下野市)を構える。2020年6月期の売上高は約2億6千万円。