益子町主催の柔道教室で子どもたちに技術指導をする古賀さん(手前左)=2019年2月、益子町益子

 日本柔道界を支えてきた古賀稔彦(こがとしひこ)さんの突然の訃報が入った24日、親交のあった本県関係者からも悼む声が相次いだ。

 「体調が良くないとうわさで聞いていたが…。胸が引き裂かれそう」。日本体育大柔道部で同期だった宇都宮短大付属高柔道部の宮崎未樹子(みやざきみきこ)監督(53)は声を震わせた。

 苦楽を共にし、卒業後も交流があった。数年前からは同期のグループLINE(ライン)でもやりとりしていた。「勝負師でありながらそれ以上に人間教育を大事にする人。私たちの誇りです」と惜しんだ。