レクサスLCパトカーとサンリオキャラクターのデザインされた反射材キーホルダー=24日午後、栃木県警本部

 栃木県警は24日、県内公立小学校に通う3、4年生の全児童に、トヨタ自動車の高級車「レクサスLC500」パトカーがデザインされた反射材キーホルダー計3万2千個を配布すると発表した。全国で唯一、同車種のパトカーが配備されている縁から、同社レクサスブランドマネジメント部が寄贈した。パトカーとは別の面には、県警がコラボしているサンリオキャラクターもデザインされている。

 LC500のパトカーは昨年9月、栃木市の会社役員から寄贈を受け、大きな反響を呼んだ。県警によると、同社レクサスブランドマネジメント部は昨秋、「この機会に、栃木県の事故防止で役立ちたい」と寄贈を決めたという。

 県警は、春先に子どもの交通死亡事故が多発する傾向があるため、特に親の手を放れて外出する機会が増える小学3、4年生への配布を決めた。春の交通安全県民総ぐるみ運動期間前日の4月5日、宇都宮市内で寄贈式を行った後、各校へ配布する予定。

 県警交通企画課は「男の子も女の子も喜んでもらえるデザイン。活用して小学生の交通事故防止につなげたい」としている。