外務省の安全対策冊子に登場した、茂木氏をモチーフにした外務大臣((C)さいとう・たかを)

 人気漫画「ゴルゴ13」を題材に、外務省が作成した海外進出企業向け安全対策冊子に、茂木敏充(もてぎとしみつ)外相に似せて描かれた「外務大臣」が登場した。新型コロナウイルス対策の新しいエピソードを盛り込んだ第3版発行に合わせ、従来の河野太郎(こうのたろう)元外相に似たイラストから茂木氏に差し替わった。

 作者さいとう・たかをさんが協力し、海外での安全対策をまとめた漫画として2017年に初版が発行された。漫画冒頭で茂木氏似の「高倉外相」は、ゴルゴ13こと「デューク東郷」に対策の指南役を依頼する。

 初版に登場した岸田文雄(きしだふみお)元外相、第2版の河野氏は、過去の作品の似た登場人物にメガネを書き足すなどしたが、茂木氏は「似た人物が見つからなかった」(同省)ため、さいとう氏が新たに書き下ろした。茂木氏は23日の閣議後記者会見でイラストの感想を問われ「先生の腕は立派だなと考えている」と好意的だった。

 冊子は15万部発行。同省ホームページでも内容を公開している。