「ワクチンを有料で受けられる」-。新型コロナウイルスワクチンの一般向け接種が近づく中、栃木県内で、ワクチン接種をかたり金銭を要求する不審電話が初めて確認されたことが23日、県警への取材で分かった。同ワクチンは全額公費で賄うため、無料で接種できる。県警は特殊詐欺などの犯罪につながる可能性もあるとみて警戒を強めている。

 県警生活安全企画課によると、不審電話は20日夕、市役所職員を名乗る男から、日光市内の高齢女性宅に掛かってきた。女性の家人が応対すると、男は「接種は1回5千円」「銀行口座に振り込んで」などとうそを言い、不審に思った家人が警察に相談したという。被害はなかった。

 県警は、防犯情報などを配信する「ルリちゃん安全メール」などで注意喚起した。同課は「不審な電話を受けたら、すぐに家族や警察に相談してほしい」としている。