新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 矢板市は23日、同市川崎反町の市城の湯温泉センターを21日に利用した男性1人が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。

 市によると、この利用者は同日午後2時ごろから同施設を利用した。同施設は、24日を臨時休館として館内を消毒するほか、この利用者と同じ時間帯に施設を利用した約100人に電話連絡し、健康状態の確認や注意喚起を行うという。

 同市は、21日に施設を利用し体調が優れない場合は、県の「受診・ワクチン相談センター」に連絡するよう呼び掛けている。