約300人がラジオ体操で汗を流した「ラジオ体操キャラバン」のキックオフイベント=28日午後、県庁県民広場

 ラジオ体操を通じて健康増進を図る「ラジオ体操キャラバン」のキックオフイベントが28日、県庁県民広場で行われ、県民や県職員ら約300人が汗を流した。

 キャラバンは本年度、健康長寿とちぎづくり推進県民会議などによる初めての取り組み。特に働く世代の運動不足解消に向け、気軽に運動に親しめるラジオ体操を通じて運動習慣の定着につなげたい考えだ。市町のイベントなどに県ラジオ体操連盟の指導者を派遣し、正しいラジオ体操を指導する。