【宇都宮】市は22日、市議会の議会運営委員会で、市子どもの家(学童保育)の運営体制変更に伴い、2021年度一般会計当初予算案を修正する議案を23日の本会議に提出すると説明した。子どもの家の事業費は1億4千万円増える見込み。

 市は4月から、子どもの家全67施設の運営主体を指定管理者に一斉移行する予定だった。しかし12施設の運営を担当するはずだった株式会社「明日葉」(東京)の円滑な運営が困難として、指定を取り消した。

 修正される事業費で、指定管理者として同社に支払う予定だった1億9千万円は減る。一方、4月から1年間、各施設の運営を担う地元住民や保護者らによる委員会への委託費などとして3億3千万円が増える。

 議案は関係する常任委員会で審査され、同日、本会議で採決される予定。