大雄寺で津軽三味線の棚瀬さんとのコラボ動画を撮影するイッピーのメンバー

 【大田原・那須塩原】卒業式を今月迎えた黒磯南高の女子生徒のダンスグループ「Yippee(イッピー)」と黒羽高の津軽三味線奏者棚瀬敬太(たなせけいた)さん(18)はこのほど、国の重要文化財である大田原市黒羽田町の大雄寺で、ダンスと津軽三味線の初のコラボレーション動画を撮影した。動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップしており、かやぶきの寺を舞台に迫力あるダンスと力強い津軽三味線で「和の三重奏」を表現している。

 同グループはいずれも3年の関根梨音(せきねりのん)さん(18)、薄井夏海(うすいなつみ)さん(18)、大嶽亜由未(おおたけあゆみ)さん(18)と2年の高根沢瑚花(たかねざわこはな)さん(17)。約2年前からダンス動画を投稿。昨年7月には韓国の女性アイドルグループ「TWICE」のダンス動画募集で、動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」に投稿し優秀作品に選ばれた。

 一方、黒羽高3年の棚瀬さんは小学2年で津軽三味線を始め、各種大会で入賞や優勝している。本年度は新型コロナウイルスの影響で発表の場が減る中、昨年11月の「津軽三味線津軽民謡全国大会inびわ湖」では3部門同時優勝した。