管理能力向上へ、課長級研修実施 栃木市

 【栃木】5年ぶりとなる市の課長級研修が28日、市役所で行われ、課長職と主幹計86人が管理職としての気構えや専門知識を向上させた。

 研修は管理者としての心構えや役割に関する知識を習得し、管理能力を高めることが目的。鈴木俊美(すずきとしみ)市長も重要施策について説明。「業績を上げるのも、上げないのも自分次第」などとげきを飛ばした。