バスケットボールB1東地区の宇都宮ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で同地区8位の横浜と対戦、82-76で競り勝った。6連勝で通算36勝8敗とし、順位は地区首位のまま。2位千葉が敗れたためゲーム差は3に広がった。

 ブレックスは第1クオーター(Q)にターンオーバーからリズムを崩し16-25。第2Qは渡辺裕規の4点プレーなどで追い上げ、38-41として折り返した。59-59の同点で入った第4Qは中盤にジョシュ・スコットのゴールで勝ち越し、比江島のバスケットカウントでリードを広げて粘る横浜を振り切った。

 次戦は24日午後7時5分から、富山市総合体育館で富山と対戦する。