J2栃木SCは21日、山形県天童市のNDソフトスタジアム山形で山形と対戦し、2-1で待望の今季初勝利を挙げた。通算成績は1勝3敗の勝ち点3。

 前節から先発メンバーを3人入れ替えた栃木SCは前半43分に中央をパスで崩され先制を許したが、その直後にDF面矢行斗の左クロスをニアサイドに走り込んだMF森俊貴が頭で合わせて同点に追い付いた。後半ロスタイムには左CKをDF柳育崇が頭で合わせて勝ち越し点を奪取し、そのまま逃げ切った。

 次戦は28日午後2時から、カンセキスタジアムとちぎ(県総合運動公園陸上競技場)で愛媛と対戦する。