4月から試験運行する路線の立木観音・遊覧船発着所バス停付近

歌ケ浜方面への新規乗り入れ区間

4月から試験運行する路線の立木観音・遊覧船発着所バス停付近 歌ケ浜方面への新規乗り入れ区間

 東武バス日光は20日までに、奥日光の歌ケ浜方面に新たな路線バスを4~11月末に試験的に乗り入れることを決めた。数年前から地元関係者らが要望し実現した。

 遊覧船などを組み合わせて活用することで中禅寺湖畔一帯の回遊性が向上し、観光客の滞在時間延長などが期待される。同社の担当者は「新型コロナウイルスの影響でバス事業者も大きな打撃を受けている。地元と互いに協力し、この路線が活性化のきっかけになれば」と話した。