アイスホッケーアジアリーグ・ジャパンカップのHC栃木日光アイスバックスは20日、東京都西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで王子と対戦し、延長戦の末に3-4で惜しくも敗れた。通算11勝8敗で暫定2位のまま。王子が17勝4敗で優勝を決めた。

 バックスは1点を追う第2ピリオド3分35秒、DF佐藤大翔のロングシュートで同点に追い付いた。6分34秒に再び勝ち越されたが、その20秒後にFW古橋真来がゴール前で押し込んで試合を振り出しに戻した。

 第3ピリオドも9分7秒にキルプレーから失点したが、15分16秒にFW牛来拓都が同点弾。3-3のまま5分間の延長戦に突入したが、3分41秒に決勝ゴールを決められた。

 次戦は21日午後3時から、同会場で王子と対戦する。