男子で連覇を狙う佐々木(サンプラザ)

女子史上初の連覇が懸かる広瀬(サンプラザ)

男子で連覇を狙う佐々木(サンプラザ) 女子史上初の連覇が懸かる広瀬(サンプラザ)

 ボウリングの県内ナンバーワンアマを決める「第38回下野杯オール栃木チャンピオンシップトーナメント大会」(下野新聞社、県ボウリング場協会主催)が21日、宇都宮市滝の原2丁目の宇都宮第二トーヨーボウルで開かれる。当初は昨年3月に予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で1年遅れでの開催。県内7会場で行われた予選会を勝ち抜いた総勢133選手(男子106人、女子27人)が熱戦を展開する。

 大会は「Aシフト」「Bシフト」の2ブロックに分かれ、前後半各4ゲームで予選を実施。8ゲームのトータルスコアで男子は上位12選手、女子は6選手が決勝トーナメントに進み栄冠を争う。マスク着用を義務づけるなど新型コロナ対策を徹底した上で、初めて無観客で実施する。