「安全安心、さらに前進させて」 さくら市役所で人見市長が退任式 

 【さくら】23日で任期満了となる人見健次(ひとみけんじ)市長の退任式が21日、市役所で行われた。

 人見市長は2009年4月から2期務め、勇退する。式には幹部職員約50人が出席し、渡辺孝(わたなべたかし)総務部長が職員を代表して送別の言葉を述べ「『県内で最も住みよいまち』と評価された」と功績をたたえた。

 また、小菅哲男(こすげてつお)市議会議長が議会を代表して「東日本大震災、豪雨による荒川堤防決壊、お丸山崩落など危機に際し、昼夜を問わず陣頭指揮をとった」と労をねぎらった。

 人見市長は「安全安心のまちづくりをさらに前進させていただきたい」と、退任のあいさつを締めくくった。