JR東日本は19日、JR宇都宮線の30代男性運転士が乗務中に喫煙していたと発表した。

 同社によると、運転士は8日午後7時35分ごろ、同線黒磯発宇都宮行き上り普通電車を運転中、運転台で複数回たばこを吸った。17日に当該車両を定期検査したところ吸い殻が見つかり、運転士が喫煙を認めたという。

 運転士は同社の調査に対し、「2018年ごろから、眠気を感じたときに頻繁に吸っていた」と話しているという。同社は社内規定にのっとり処分する方針。