ビアガーデンが来月開催されるショッピングプラザ日光

 【日光】かつて長崎屋が営業し、中心市街地のシンボル的な存在だった今市の商業ビル「ショッピングプラザ日光」が建て替えられることを受け、7月27~29日の3日間、同プラザ屋上でビアガーデンが開かれる。企画した「歩きたくなるまちづくり委員会」は「地元の人は一度は行ったことがある建物。なくなるのは寂しい。みんなで懐かしみたい」としている。

 現在、スーパー「かましん」などが入居する同プラザは1983~2001年、長崎屋が営業していた。中心市街地がにぎわいをみせていた頃の中核的な存在で、長崎屋の撤退後も地元住民に親しまれてきた。

 しかし建物が老朽化したことから、所有する「ジェイピー」(宇都宮市伝馬町)が同プラザ駐車場に建て替えを決定。屋上に観覧車を備えた「日光ランドマーク」として20年、オープンする。