音声ガイドが始まった島崎酒造のどうくつ酒蔵=那須烏山市(島崎酒造提供)

 日本酒銘柄「東力士」の島崎酒造(那須烏山市中央1丁目、島崎健一(しまざきけんいち)社長)は18日までに、「どうくつ酒蔵」(同市神長(かなが))の見学受け入れを再開した。新たに多言語対応の音声ガイドサービスを始めた。ゴールデンウイークの開業を目指し、どうくつ酒蔵内にショップを併設する計画も進めている。

 再開に合わせ、新型コロナウイルスの感染を予防するため、音声ガイドサービスによる密を避けた安全な見学システムの導入と施設整備を目指し、県地域企業再起支援事業費補助金を活用した。