「勝利の美酒 剛脚美人」のラベルとを貼り付ける清水監督=16日午前、宇都宮市柳田町

「宇都宮ブリッツェン」応援日本酒の「勝利の美酒 剛脚美人」

「勝利の美酒 剛脚美人」のラベルとを貼り付ける清水監督=16日午前、宇都宮市柳田町 「宇都宮ブリッツェン」応援日本酒の「勝利の美酒 剛脚美人」

 銘柄「四季桜」を醸造する宇都宮酒造(宇都宮市柳田町、菊地正幸(きくちまさゆき)社長)は19日、自転車ロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」とコラボレーションした応援日本酒「勝利の美酒 剛脚美人(ごうきゃくびじん)」を東武宇都宮百貨店(宇都宮市)と福田屋百貨店(同)で発売する。

 チーム運営のサイクルスポーツマネージメント(同)と宇都宮酒造は、自転車ロードレース大会など県内イベント開催時、チームロゴの入った剛脚美人を会場で販売してきた。

 しかし、コロナ禍で大会が中止になったり、無観客開催になったりするなど、ファンと交流できず、チーム運営にも大きな影響を受けている。このため、剛脚美人を一般向けに販売することで、チームの認知度を高めることにした。

 原料米「とちぎの星」で醸した純米無ろ過生原酒は宇都宮酒造としては初めて。チーム運営会社の社員が疾走する選手の姿を版画で描いたラベルにした。16日には清水裕輔(しみずゆうすけ)監督がラベルを100本に貼った。

 720ミリリットルのみ。価格は税別1500円。