バドミントン女子団体で上位進出の期待がかかる作新学院の舛木(奥)と須崎=昨年11月の県高校新人大会より

全国高校選抜大会日程

バドミントン女子団体で上位進出の期待がかかる作新学院の舛木(奥)と須崎=昨年11月の県高校新人大会より 全国高校選抜大会日程

 高校スポーツの全国選抜大会は19日から、全国各地で21種目(特別大会のボクシング含む)が実施される。栃木県ではソフトボール女子が20~23日まで大田原市で予定されている。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で春の全国選抜、夏の全国総体(インターハイ)が中止となっただけに、大半の選手にとっては高校生として迎える初の全国大会。待ちに待った大舞台に臨む県勢の戦いを展望する。

 上位進出が期待されるのがバドミントン女子団体の作新学院。U19日本代表で個人シングルスにも出場する舛木(ますき)さくらを中心に戦力は充実。同じく代表選手を擁する四天王寺(大阪)や倉敷中央(岡山)と同ブロックに入ったが、勝ち抜く力は十分ある。