6回、先制の2点適時打を放った栃木GBの石川(中央奥)が茂木の2点適時三塁打で生還する=とちぎ木の花スタジアム

先発し、5回2/3を無失点に抑えた栃木GBの内林=とちぎ木の花スタジアム

6回、先制の2点適時打を放った栃木GBの石川(中央奥)が茂木の2点適時三塁打で生還する=とちぎ木の花スタジアム 先発し、5回2/3を無失点に抑えた栃木GBの内林=とちぎ木の花スタジアム

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は17日、とちぎ木の花スタジアム(栃木市総合運動公園野球場)で群馬と今季初のオープン戦を行い、13-0で快勝した。

 栃木GBは投打にわたって新戦力の活躍が光った。打線は0-0で迎えた六回、2死満塁の好機で練習生の石川慧亮(いしかわけいすけ)(青藍泰斗高出)と代打茂木丈汰(もぎじょうた)(白鴎大出)の連続長短適時打で4点先制。8-0で迎えた八回も菰原力也(こもはらりきや)、石川、茂木の3連続長短適時打で5点を奪い突き放した。

 投手陣は登板した4人のうち3人が新加入。先発した内林瑞貴(うちばやしみずき)が緩急を駆使した投球で5回2/3を無失点に抑える好投。2番手の塩満瑛斗(しおみつえいと)は1回1/3を1安打、3番手の田辺豪(たなべごう)は1回を無安打でしのいだ。

 栃木GBは4月3日の開幕まで残り3試合のオープン戦を予定しているが、ホーム戦は無観客で実施する。