県子ども総合科学館は28日まで、工作キットを配布する「工作のテイクアウト じどうかん月間」を行っている。

 例年、県内の児童館関係者が一堂に会し、工作プログラムを楽しめる「じどうかんフェア」を開催。しかし今回は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、子どもたちに自宅で工作を楽しんでもらおうとキットの配布に変更した。

 県児童館連絡協議会加盟館43館のうち20館が協力。手作りマスクケースや小物入れ、熱気球などのキットを用意した。

 担当者は「コロナ禍に家族と過ごす時間が増えた今、楽しいひとときを過ごしてもらえたら」と話している。

 配布時間は午前11時~11時半、午後1時半~3時。キットは無料だが1人1日一つまで。毎日数量限定で、なくなり次第終了。休みは月曜日と25日。(問)028・659・5555。