栃木県庁

 栃木県は15日、高病原性鳥インフルエンザが発生した芳賀町の養鶏場で、飼育している全8万3千羽の殺処分が終了したと発表した。

 県は当初、殺処分の対象を7万7千羽と公表していたが、発生直前に飼育を始めた鶏がいたため増加した。現在、埋却作業を進めている。