栃木県は14日、高病原性鳥インフルエンザの発生が確認された芳賀町の養鶏場に関して、午後3時までに全7万7千羽のうち49%(3万8100羽)の殺処分が完了したと発表した。14日午後5時現在、その他の県内の養鶏場で異常は確認されていない。