福田知事(右)から新しい未来大使の名刺を受け取る隈さん=11日午前、県庁

福田知事(左)を表敬訪問した隈さん=11日午前、県庁

福田知事(右)から新しい未来大使の名刺を受け取る隈さん=11日午前、県庁 福田知事(左)を表敬訪問した隈さん=11日午前、県庁

 本県の魅力を発信する「とちぎ未来大使」の建築家隈研吾(くまけんご)さんが11日、県庁に福田富一(ふくだとみかず)知事を表敬訪問した。県が制作する魅力発信動画への出演を報告し「栃木は宝物が眠っており、可能性や素材の良さ、歴史の深みは全国トップクラス。素材の良さを多くの人に知ってほしい」と語った。

 東京五輪の会場となる新国立競技場の設計に携わった隈さんは、那珂川町馬頭広重美術館など県内でも多数の作品を手掛けている。2009年に未来大使を委嘱されており、5月に公開される動画の収録で本県を訪れた。