宇都宮地方気象台は28日午前、「雷と突風及び降ひょうに関する栃木県気象情報」を発表した。栃木県内では昼前から夜のはじめにかけて、雷雲が発生する見込みとしている。

 同気象台によると、梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、県内は昼前から夜のはじめごろにかけて大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴い1時間に30ミリの激しい雨の降る所もあるという。

 落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうなどに注意を呼びかけている。