本県小5児童の体力状況(体力合計点の推移)

 子どもの体力「後進県」脱出へ向けて、県が新年度から本腰を入れる。小学生の体力向上を目的とした新事業「とちぎっ子体力ジャンプアッププロジェクト」をスタートし、IT技術や教員OBなどの外部指導者を活用し、小学5年で男女とも全国平均を下回っている全国体力テストの成績向上などを目指す。県教委の担当者は「生涯にわたりスポーツを楽しんでもらえる土壌をつくりたい」と効果に期待を寄せている。

 県はプロジェクトの運営費として、新年度予算に900万円を計上した。体力向上を目指して(1)子どもや保護者、教員対象のウェブサイトの開設(2)外部指導者からなる「エキスパートティーチャー」の派遣(3)小学4年生と家族を対象にした「とちまる体力アップ教室」の実施-の3項目で構成されている。