広瀬市長(右)を表敬訪問した島崎さん(中央)

 第99回全国高校サッカー選手権大会で3位に輝いた矢板中央高サッカー部員で石橋中出身の2年島崎勝也(しまざきかつや)さん(17)が8日、下野市役所を訪れ、広瀬寿雄(ひろせとしお)市長に大会結果を報告した。

 4大会連続11回目の出場となった同校は徳島市立(徳島)、東福岡(福岡)、富山第一(富山)を順に下して2大会連続で準決勝に進んだが、青森山田(青森)に敗れた。島崎さんのポジションはセンターバックで、40メートルのロングスローを武器に活躍した。

 広瀬市長は「市民を元気づけてくれた」と話し、島崎さんは「チームで高い意識を持って練習し、来年は1位になりたい」と意気込みを語った。