社会福祉法人「瑞宝会」(宇都宮市下栗町)が運営する知的障害者支援施設「ビ・ブライト」(同市西刑部町)で昨年4月、入所者男性が重傷を負った傷害事件などを巡り、同会理事長だった土屋和夫(つちやかずお)氏(59)が一連の騒動の責任を取り辞任していたことが22日までに、同会などへの取材で分かった。後任は同会評議員だった三上公博(みかみきみひろ)氏(60)。

 同会によると、2月7日に理事長と理事の辞任届が提出され同9日、緊急理事会を開いて了承したという。現在は一般職員で経営には携わっていない。土屋氏は2002年の同会設立当初から約15年間、理事を務めていた。