バスケットボールB1東地区首位の宇都宮ブレックスは6日、松江市総合体育館で西地区5位の島根と対戦、72-68で逆転勝ちした。3連勝で33勝8敗とし、東地区首位を堅持した。

 ブレックスは前半を36ー32で折り返したが、第3クオーターにターンオーバーからリズムを失い、49-59と逆転を許した。第4クオーターは一時最大12点のリードを許したものの、強度の高い守備で失点を抑え、残り2分30秒に65-65の同点。ジョシュ・スコットのフリースローで勝ち越しに成功し、粘る島根を振り切った。スコットは17得点、10リバウンドとダブルダブルの活躍だった。

 次戦は7日午後3時5分から、同会場で島根と対戦する。