栃木県庁

 栃木県は5日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、現在県民に要請している不要不急の外出自粛を8日に緩和することを決めた。

 新規感染者数や病床稼働率の推移が改善していることを受けた。緊急事態宣言の対象区域など、感染が拡大している地域への不要不急の移動は慎重に検討するよう求め、県内や当該区域以外への移動には制限を設けない。

 また県が独自に設けた警戒度の指標も改定し、政府の対策分科会が示した感染状況の指標と連動させた5段階の基準を公表した。現状は5段階で下から2番目の「県版ステージ2」(感染注意)に該当している。