修繕するボールを手渡すゴールデンブレーブスの選手(右側)

 【下野】野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスの飯原誉士(いいはらやすし)選手兼ヘッドコーチら3選手がこのほど、社会福祉法人啓愛会が運営する薬師寺の障害者就労支援施設「エール」を訪れてボールの修繕を依頼し、通所者と交流した。

 同施設は、糸が切れるなどで傷んだ硬式野球ボールを縫い直して1個100円で再生する「エコボール」作業に取り組んでおり、趣旨に賛同した同球団が練習に使っているボールの修繕を依頼した。