仲山商事が企画して商品化した「日本酒サングリア」

 贈答品カタログ販売の仲山商事(益子町塙、仲山貴士(なかやまたかし)社長)は、コロナ禍で影響を受ける中、これまで取り扱ってきた全国の逸品を組み合わせた「自社企画」の商品開発に乗り出した。新たな事業の柱に育てる考え。第1弾として日本酒にドライフルーツを加えて香りや甘みを味わう「日本酒サングリア」セットを商品化し、クラウドファンディング(CF)サイトのマクアケで先行販売を始めた。

 同社のカタログ販売は約半分が結婚式で利用されている。しかし昨年3月下旬、「結婚式向けが全てキャンセルになり、天国から地獄に落ちた」と仲山社長。コロナ禍が長引く中、ブライダルマーケットに依存してきた事業構造を見直すことにした。