最優秀賞に選ばれた村上さんの作品「夏の思い出」

 【下野】市観光協会はこのほど、市観光フォトコンテストの審査結果を発表した。最優秀賞にさくら市氏家、会社員村上諄(むらかみまこと)さん(30)の「夏の思い出」が選ばれた。

 コンテストは昨年7~12月、観光PRに活用することなどを目的に作品を募集。県内外の76人から計257点の応募があった。

 村上さんは昨年夏、国分寺の天平の丘公園の古民家でラムネを手に談笑する若いカップルを撮影した。「カメラマンに撮られているという意識のない自然な表情を撮ることに気を付けました。これからも栃木のいいところを写真で発信していきたい」と喜びを語った。

 同協会は今後、観光ポストカードなどに同作品を活用するほか、入賞作品13点を3月下旬から、小金井のオアシスポッポ館に展示する。