福藤豊

 アジアリーグ所属チームの現役選手らで組織する「一般社団法人日本アイスホッケー選手会」が1日、設立された。競技普及活動や社会貢献活動、選手のキャリア支援などを行い、国内でのアイスホッケーの価値向上を目指す。初代会長にはHC栃木日光アイスバックスのGK福藤豊(ふくふじゆたか)(38)が就任した。

 日本アイスホッケー界で選手会組織ができるのは初めて。アジアリーグの王子を除く国内チーム所属の日本人選手約80人が正会員となり、今後は海外プロチームに所属する日本人選手も加入する。バックスのGK井上光明(いのうえみつあき)(34)が監事を務める。